著作権処理センター
 使用許諾処理(狭義の著作権処理)の流れ(概要)です。
= INDEX =
著作権処理 [Home]
著作権処理とは?
eラーニング教材
学術機関リポジトリ
使用許諾処理の概要
サポートの流れ
センター活用のメリット
使用許諾処理報酬
見積り依頼など
コンサルティング
法人概要&コンタクト
 
以下の流れで使用許諾処理を行います。
【注】1.本使用許諾処理サポートは、ご希望通りの許諾をお約束するものではありません。
   2.権利者から、高額な使用料の提示があった場合の判断は、ご依頼者サイドで行うものとします。

方針
協議
(1)使用許諾処理方針の協議
(2)謝礼テーブル(学校の料金表)の検討・確定
(3)スケジュールの確定
 
調査
入試問題等から使用作品をリストアップ
(1)権利存続調査
   著作権処理をすべき著作物を選定
(2)権利者調査・連絡先調査
   権利者の氏名(著者死亡の場合は権利継承者)、その連絡先(処理窓口を含む)の調査
__
  約2カ月
許諾
処理
(1)報告&お願い状を発送
   使用に関するお願い状を順次発送(使用報告を含む)
(2)中間報告
   状況をご依頼者に中間報告。拒否回答や高額な使用料回答の場合などは都度報告やご相談
(3)最終報告
   スケジュールに従い、最終報告。権利者からのエビデンスを添付。

 ̄ ̄
 
使用
(1)許諾を得た作品は、許諾条件を遵守した上で使用します。
   … 使用料の支払い(送金など)、源泉処理は学校サイドでお願いいたします(オプションで当センターでの処理可)。
(2)使用拒否の作品は使用を断念し、高額な使用料となった場合の使用は学校判断となります。
(3)回答が得られない作品で、依頼者のご要望がある場合は、所定の事後処理プログラムに移行し、当センターの公開調査による継続フォローを行います。期限=著作物使用期間の終期まで。
Next >>