著作権処理センター
 著作権処理センターへ「使用許諾処理」ご依頼時の必要事項は次のとおりです。
= INDEX =
著作権処理 [Home]
著作権処理とは?
eラーニング教材
学術機関リポジトリ
使用許諾処理の概要
サポートの流れ
センター活用のメリット
使用許諾処理報酬
見積り依頼など
コンサルティング
法人概要&コンタクト
 
使用許諾処理の資料請求
 このHPで基本事項をご案内済ですが、もう少し詳しい資料もございますので、必要であればメールでご請求ください。メールの添付ファイルでお送り申しあげます。
 ご請求はこちらのコンタクトのページをご参照ください。
 ●eラーニング教材のコンサルティングに関しては、特段のフォームはありませんので、コンタクトのページ宛てにご一報ください。
使用許諾処理の見積り依頼
 ご関心をお持ちの場合、下記事項を記して、電子メール又はFAXでご一報ください。著作権処理報酬の「概算御見積書」をお送りいたします。
 【注】学校から直接の著作権処理ご依頼、広告代理店などの元請会社経由のご依頼など、ご依頼形態は問いません。
従って、学校が広告代理店などに当センターを指定される場合、広告代理店などが当センターを活用することを大学が了承する場合など、いずれの形態でも結構です。
→ 学校関係者でなくても見積り依頼は可能です。
 
(1)ご依頼者名(組織名=学校、広告代理店、印刷会社など)
(2)部門、ご担当者名
(3)ご住所
(4)電話、FAX、メールアドレス
(5)依頼区分 → 【1】著作権処理一式(【2】+【3】)  【2】著作権調査のみ  【3】使用許諾処理のみ   
(6)著作物使用区分 → 【1】入試問題集  【2】eラーニング教材  【3】その他(    )  
(7)前項の具体的な使用形態(メディア、複製部数、使用人数 など)             
(8)著作権処理件数(見込み) → 国内処理(  )件+海外処理(  )件=計(  )件   
(9)著作物使用開始時期および期間(予定)
(10)その他補足事項(学校以外の場合は、著作権処理に至る背景をお書きください)
正式ご依頼
 正式ご依頼時には、以下のものをご用意いただきます。先に著作権処理申込書を、後日入試問題などをお送りくださる方法でも結構です。
 
(1)著作権処理申込書(所定フォームをお送りしますので、それを用いてください)
(2)使用した著作物(又は使用予定の原稿)2部(入試問題であれば、入試問題の原本。→ 1部は作業用に、1部は権利者への報告用に用います)
(3)出所リスト(著作物の題号、著者名、出版社名、出版年、版、使用ページ、ISBN(図書)、ISSN(雑誌)コード、ウェブ記事の場合はURL(フル表記) を記載した表
(4)特に海外作品の場合、使用著作物の奥付部分及び使用箇所の前後ページの写し
(5)謝礼テーブル(学校に使用謝礼表などの基準がある場合)
(6)学校の著作権処理に関するポリシーを記載したもの(既存のものがある場合)
その他のご質問、確認事項など
 お気軽にお問い合わせください。⇒ コンタクト先はこちらです
Next >>